スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everything Everything『Arc』

2014-03-09

Tag :



多分1年位前に出たEverything Everythingの『Arc』を今さら買った。
お金出来たら~とか思ったらそのままになってた。
Foalsと同じようなジャンルのように思えるかもしれないけど
これが全然違ってこれも面白いバンドです。

打ち込みっぽい音とボーカルの声がギャップがあって面白くて、
必要以上に音を乗せない感じの演奏なんで、
ボーカルが余計に目立って聞こえるのが、また面白いなと思ってるんですけど。
Feet For Handsなんて多分アコースティックギターだよね、
でも途中で急にピコピコ鳴り出す、そしてハモリ!
みんながコーラスちゃんと出来るバンド、聴いてて気持ち良いんだよね。

とにかく他にも良い曲が多くてずっと聴いてます。
反対に一緒に買ったBombay Bicycle Clubの新譜全く聞いてない。
1曲目聞いて「誰のCDなんだ」と思ったくらい。雰囲気違くないですか?
BBCはすごーくライブが好きなんですけど、CDは1枚目と3枚目は好きなんだけど
2枚目はほとんど聞いてない。今回の4枚目もそうなるのかな・・・
なんでか交互にしか私にハマらないんだよなぁ。

もちろんCough Coughもドラムメインすぎて良い!
ボーカル+コーラス+ドラムのみ、みたいな。
さっきPV見たらホントにドラムメインな曲だったのね。
かなり前にサマソニに来てた時に見たけど、このCDが出てからの来日は無いはず。
なんで誰も呼ばないんだろ。このCDは国内盤も出て無さそうだから、
これからも来日しないんだろうなぁ。こんなに面白いのに。


このTate Britainで演奏する企画ものっぽいのも面白い。
演奏のみだけど、結構好きな感じです。
スポンサーサイト

Foals Live at The Royal Albert Hall (DVD)

2013-11-10

Tag :



Foals Live at The Royal Albert Hall(DVD)

昨日の夜中にやっと全部見ました。
2013/03/28にThe Royal Albert HallでやったライブのDVDです。
この日は昼・夜の2回公演だったらしいです。
1日2回なんて、ジャニーズみたい!UKではそんなに人気があるのか。
Foalsは着々と階段を上って行ってる感じを
新しいアルバムが出ると感じるので嬉しいです。

FoalsのMV全般を手掛けるDave Maが撮ってるので、
ライブ映像もMVみたいにキレイだし、
ライブDVDってこんなに音が良いのか、とビックリしました。
普段IPodでイヤホンで聞いてるからダメなのかな?

あとオーディエンスが興奮して楽しそうな表情が映るんですが
その撮り方がまた良い!
ちょっと自分もそこにいるんじゃないかと錯覚します。

Yannisの声も凄く良くて、こんなに歌えるのか、と思ったけど
期待しすぎて今度の来日で少しがっかりしないように気をつけたい。

Holy Fireの曲もさらに好きになりそうだし、
来年の来日もかなり楽しみになってきた。

Foals 『Total Life Forever』

2010-05-25

Tag :


Foalsの2nd『Total Life Forever』、届いてから毎日ずーっと聞いてます。

ちなみにコレはBOXタイプの限定版です。私の部屋の絨毯の青で見難いですが。
通常のCD+ボーナスDisc+レコーディング風景を収めたDVD(約20分)
+やたらと分厚い歌詞カード的なブックレット(字が汚くて読みづらい)
ボーナスCDはちょっと興味深いです。曲になる前の段階のパーツみたいな感じですね。
確か初めに核となるようなリズムが出来て、それをループさせつつ曲を作る…
というようなことを言ってたと思うので(多分)、ボーナスCDを聴くと
「コレが曲になるんだなぁ~」なんて思ってしまいます。
DVDはオックスフォードにあるFoalsの本拠地(スタジオ+居住スペースのある家)での
曲作りやスイスのスタジオでのレコーディング風景でした。

私は聴けば聴く程にハマるアルバムなのですが、
多分“好き”と“イマイチ”で分かれるんだろうな…と思うアルバムです。
HummerやCassiusのようなインパクトを持つ曲は今回は無しなので
ああいう激しく変態的?な曲が特に好きって人は物足りなかったりするのかなぁ~
なんて思うんですがどうなんですかね?
私は元々Try This On Your Pianoから聴いてるので、
Try This~→Hummerの変貌っぷりのほうがよっぽど驚きだったんですけど。笑

私としては音の気持ち良さが最高!なアルバムなんです。
あと前にも増してループするリズムのインパクトが強いアルバム。
『Antidotes』は常に高音が鳴ってて緊張感や圧迫感のあるアルバムだったけど、
今回は気分を楽にして聴けるので、このギャップが良いですね。
ジャケット写真の通り全体的に水のイメージでしょうか、
とがった所が無く、滑らかな浮遊感がたまらないです。
お気に入りの曲がいっぱいあるんですけどタイトルにもなってる
Total Life Foreverとか後半After Glow、Alabaster辺りがLiveで早く見たい。
多分ライブだとまた全体的に雰囲気ちがうんだろうけど。


そういえば最後のクレジットのところのThank youリストを見てたら
Tinheadよりも前にAndrewが来てることに驚いた。
AndrewってYannisとは特に仲良いと思うけど、他のメンバーとはどんだけなんだろ…

Florence + The Machine 『Lungs』(Box Set)

2009-12-17

Tag :



最近ずっと聴いてて買ってしまったFlorence + The Machineの『Lungs』のBoxSet!
この間ダウンロードで済ましたのは11月30日に発売されるこっちを買うか迷っていたため…

CD3枚とDVD1枚で海外から買えば4000円くらい。
CDは①通常盤②ライブ盤(Live at Abbey Road)③リミックス&カバーの3枚です。
DVDはRivoli Ballroomのライブから11曲、スタジライブが4曲、
さらにミュージックビデオが4曲も。コレだけでも満足なんですが、
この装丁が本のようになってて、中に30ページほど写真とかがあるのも良いし
全体的なデザインもかなり好みです。

Rivoli BallroomのライブはYoutubeでいくつか上がってるのを見たので
本国ではTVとかで放送されたのかもしれませんが、私はコレで見られて嬉しいです。
CDのライブ盤がアコースティックでDVDのライブは普通のライブっていうのが良いですよね。

そういえば3枚目のCDにMystery JetsのFlakesのカバーが入ってたけど
なんかカラオケっぽくてイマイチだなぁ。
どうせカバーするならもっとFlorenceっぽくしてほしい。ストリングスやハープ入れるとか。
でもFlorenceが歌うとBlaineが歌うより男らしいと思う。笑
他にもビヨンセカバーとか。アルバムにもカバー入ってるます。

歌はパワフルで男っぽい(だんだんニューハーフに見えてきた)のに
マイクスタンドやドラムセットを花で飾ったり、
ビデオやCDデザインにかなり細かく気を使っているところ、
なんかこういうのホントに好きなタイプのアーティストです。

ライブのDVDやCDを見てますます来日が楽しみなんですが、
チケット全然売れて無さそうだね…今日ファミマで見てみたら200番台だった…

The Shoes『Scandal!』

2009-11-29

Tag :


The Shoesが何かのインタビューで(スヌーザーかクッキーシーン)
来年の2月か3月に日本に行くと言っていたので、
嬉しくて『Scandal!』ばかり聴いてます。
80Kiz辺りとやってくれたら嬉しいんだけどな~
まぁクラブイベントだったら行かないけど。

このアルバムはもちろんLet's Go・America・Knock Outの
テンションの高い曲も収録されてますが、
ちょっと落ち着いた雰囲気の曲達がカッコイイんですよ!!!
The Shoesの曲は思わず歌いたくなる曲が多くて
本人達も言ってますが、もはやポップミュージック。
New York(feat.Boy Crisis)・Crack My Bones・Bored辺り
カッコイイですよね。シングルカットでもいけそう。

Florence + The Machine 『Lungs』

2009-11-08

Tag :


Jamie.Tと同じくCribs来日終了から聴いているのが
Florence + The Machineの『Lungs』です。
以前たまたまRabbit HeartのPVを見たときから気になってたんですけど
なんとなく機会を逃していたのでやっとです。
初めてiTunesからダウンロードしました。便利だけどカード払いがキライなので
ミュージックカードだっけ?あれ買おうかなぁ

ボーカルで歌っているのがFlorenceでバンドがThe Machineというみたいですね。
Florenceの声は太くビブラートの効いたすごく好きなタイプの声で
この声だけでも充分幻想的な世界なんですが、
このハープのキラキラ感が幻想的で物語の中のような雰囲気を
作っているような気がします。
あとドラムがとても印象に残る曲が多い気がします。
アルバム中だとHowlとか。こういう曲は好きですね~

来年の2月に来日するそうなので、
本当にこういう声が出るのか一度見に行って見ようかと思ってます。
(LittleBootsはライブいまいちだったからな…苦笑)
ハープはいつもライブで使ってるんでしょうか?
あれは気軽に移動出来ないから無理かもね。

Florence + The Machine - Dog Days Are Over @ Mercury Prize 2009

このDog Days Are OvreはPVもカワイイし曲も可愛いんだけど、Dog Daysって。
歌っている時のFlorenceはなんだか男っぽいよね...
化粧も濃すぎてちょっと怖いよね...魔女っぽい。

Jamie.T 『Kings&Queens』

2009-11-01

Tag :


Cribsのライブが終わってからさっそく聴き始めたJamie.Tの『Kings&Queens』。
しかも全7曲のライブDVD付き。国内盤も出ないくらいだし楽しみにしてました。
やっぱJamie.Tは良い仕事してるなぁ~
前回のPanic Preventionも結構聴いたけど今回のアルバムも色々入ってて楽しい。

Jamie.Tは日本では国内盤も出ずなのであんまりお店にも並んでないのかも
しれないですが、一応Jamie.Tが1人で曲なんかを作ってて
ライブの時はバックバンドが付いて演奏します。
音はHipHop・パンクロックあたり…?よく分からないです。
NMEの表紙を飾っているのをこの間見たので
本国では人気あるんじゃないでしょうか?何故国内盤は出ないのか?

EPになってるStick‘N’StonesやChaka DemusはいかにもJamie,Tな
みんなが喜ぶテンションの上がる楽しげな曲。
British Intelligenceとかも聴いたら走りたくなるカンジ。
個人的に今のところ特に好きなのはEarth, Wind&Fire。
Earth, Wind&Fireはちょっと歌謡っぽいところが好きなんです。
そしてDVDに入ってたライブバージョンもかなり良かったです!

そしてライブDVDに入ってたThe Dance Of The Young Professionalsが
かなりカッコ良いんですが、これアルバム入って無い!!
Jamie.TはEPまで集めて無いんですけど、コレが入ってる
Stick‘N’StonesEPは買おうかな…
さけるチーズでおなじみブラームスのハンガリー舞曲第5番を
アイリッシュっぽいアレンジしてるんですが、
こんな個性の強い曲がこうなるのか~って感じです。

Jamie.T - Earth, Wind&Fire

ライブバージョンもカッコイイ。

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。