スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Owen Pallett@Fujirock 2014

2014-09-15

Tag :

久しぶりにライブなんて行ってきたので、
昔の旅行記以外にも書いてみました。

直前まで迷っていた今年のフジロック。
まず本当は金曜のBBCが見たかったけど、その日は絶対に会社は休めない、却下。
当初は土曜のArcade FireにOwen Pallettも出るかもしれないし、
Arcade Fireも今見ておかないと見れないバンドだと思ったので
土曜をツアーバスで日帰りで行こうと思ってました。
そしたら日曜にOwen Pallettが追加されてしまって、
Owenはもちろん見たいけどArcade Fireも捨てがたい・・・
Arcade Fireでは一応Owenも出る、でもサポートじゃ意味無いよなぁ。
Owenの6月頃出た新譜も久々だったけど凄く良かったし!!
両方行くにも今から宿捜す元気も無いし、金もなぁ。
(フジロックシーズンで飛び込みで宿捜すと、エライ高かったり、
タコ部屋で寝られなかったり、嫌な経験があります)
えーい、決められないからいっそ両日とも行かない!面倒だ!
フジロックは私には縁が無いんだ!!とか勝手に思ってたら
友達から「宿空いてるよ~おいでよ~」とのお声が・・・
もちろん「土~月曜コースでお願いします!!」とお願いしました。
いっつも思うんですけど、私って周りの人に恵まれてるというか
ラッキーだなーと思うんですよね。感謝です。

土曜のArcade Fireは本当に良くて、土曜はArcade Fireの為に来た
といっても過言じゃ無かったんですが、(一応St.Vincentとか見たけど)
かなり満足度の高いライブでしたね、やっぱりすごかったわ。


<Owen Pallett Fujirock Express’14 Photo>
そしてOwen Pallettです。超ラフな全身茶色っぽいキャップにTシャツ・短パン姿でした。
そしていつも通り裸足だったと思う。
In Conflictからもっとやるかと思ったけど少なかったなぁと思って
セットリストを探して見たんですが、Heartlandにも入って無い曲
こんなにやってたかなぁ?
Youtubeでライブ映像見てたから違和感あんまり無かった。

Setlist
01 E Is for Estranged
02 Song Song Song
03 This Lamb Sells Condos
04 Midnight Directives
05 That's When The Audience Died
06 Scandal at the Parkade
07 This Is the Dream of Win & Regine
08 Song for Five and Six
09 Lewis Takes Off His Shirt


私はいつも「職人のようだ」と思って見てるんですけど
相変わらず1人でやっちゃうんですね。
数年前はインタビューで「海外に行くのもお金がかかるから
サポートだけだと金銭面は正直厳しい、単独での出演があると良いね」なんて言ってた。
でも最近は映画音楽もやってるしサポート入れてるかな?と思ってたんですが、
海外は相変わらず1人でやってるのかな。サポートがいる映像も見たことあるし。
サポート入れてやるのも悪く無いんだけど、
1人でここまで出来るっていう事を見せつけてくれますよね。笑
ヴァイオリンとキーボードとループペダルでこんなに?って前もびっくりしたけど。
あんなの絶対「ここであれ重ねて、このフレーズはここまで・・・」って
考えながらやらないと無理じゃない?頭どうなってんの?

マーキーは人がいっぱいだったけど、Owenが弾いてる間は
すごく静かになって皆が真剣に見てるのが分かるし
終わった後の拍手と歓声のギャップも良かったねぇ。

スポンサーサイト

『War Hose』来日公演が楽しみ

2014-03-26

Tag :

舞台『War Horse』が今年の7~8月の間の約1ヶ月、日本で来日公演をします。
私は全然来るのを知らなくて、たまたま先週TVのCMで見て知りました。
普段ミュージカルや舞台は見ないんだけど、これは見たいなぁと思ってて…
でもこの前ロンドンに行った時は、子供の頃大好きだった『Matilda』を選んだので
結局見なかったんだよね~さっそくチケットを取りました。
しかし来日だからか高いんだね。
一応夏フェスまではライブは自粛するつもりでチケット取ったよ。笑
むか~し、中学生位の時にリバーダンスを母に頼みこんで連れてってもらった時も
コレくらいはしてたのかなぁ。

『War Horse』が映画化されたときに舞台の映像が映ってて、
映画には惹かれなかったんだけど、舞台はすごく見たいと思ってたから楽しみだなぁ。
日本の舞台だと舞台装置とか違うから、ロンドンとかで見るものとは違うんだろうけど。
日本語字幕が出るって書いてあったけど、字幕みながら舞台って見れるもんなの?
英語自信無いから、字幕出るのは嬉しいんだけどね。
予習として、スピルバーグの映画も見とこうかな。


Foals 2/25 @Ex-Theater 六本木

2014-03-02

Tag :



Foalsのライブに行ってきた!やっぱりFoalsはカッコいいわー
今回の来日でもう7回目なんですね。
Foalsは定期的に日本に寄ってくれるから嬉しいね。
なかなか生でライブも見れないバンドを好きで居続けるのも大変だし。

この日は普通に仕事してたら間に合わなそうだったので
「今日は用事あるんで残業少なめでお願いします!」とお願いして
ギリギリ開演に間に合いました。こんなお願い初めてした。

Ex-Theaterはキレイだった。スタンディングのアリーナ席が
地下にずっと下って行かないといけなくて、地震が来たら…とか地味に思った。
出演者側のバックステージは相当キレイらしいですよ。TVで見ただけだけど。

当然なんだろうけど、去年のフジロックで聞くより
音がキレイに聞こえて、やっぱり単独公演あって良かった。

Setlist

Prelude
Inhaler
My Number
Late Night
Milk & Black Spiders
Providence
Total Life Forever
Miami
Spanish Sahara
Red Sock Pugie
Olympic Airways

Encore

Two Steps Twice
Hummer


順番は覚えてないけど大体こんな感じでやってたはず。
Bad Habitやったっけ?そのうちセットリスト出てくるよね…
いつもの曲で入ってきてPreludeで始まって、Inhalerでシメ。
アンコールは久々のHummerといつものTwo Steps Twiceで終わり。

3rdのアルバムからも6曲しかやってないし、全体的に曲数少ないよね。
全体で70~80分位だった気がする。各アルバムからもう1曲ずつやってほしいな。
これ以上は体力持たないのかしら…

Yannis相変わらず小さくてずんぐりしてる。
なんどか「ありがとうございます」って言ってて、
「ございます」までつけてるのが、なんか丁寧とか思って面白かった。
今日はモッシュやらクラウドサーフやらで前方中央は大変そうでしたね。
なんの曲か忘れたけどYannisも2回はダイブしてたし。多分沈んでなかった。
Jackは変な赤いニット帽?みたいのかぶってた。似合ってなかった気がする。
でもFoalsのドラムはJackじゃなきゃなぁ、と思うくらい
存在感があると思うんですよね。ここのリズム面白いなーとか。
最近Foalsのライブってこんな手拍子ばっかりだったかな?と思う。
初めに手拍子し始めるヤツが全然違うずれたリズムで始めると
そっちが気になって仕方ない時があって、まさにそれがこの日あった。
でもYannisが正しいリズムで叩き始めたら修正されてスッキリしたわ。笑

あと6曲のうちにMilk & Black Spidersが入ってて嬉しかった!
Milk & Black Spiders~Providenceへの流れが個人的ハイライトです。
Providenceもライブ映えするカッコいい曲なんだよね。
Yannisの声がもっと伸びれば良いなぁなんて思ったけど(悪いわけでは無い)
あと久しぶりのHummer!もちろんテンションMAXだよね。
シンセ(キーボ?)のEdwinは普段何やってるのかわかりづらいけど
この曲は出番ですよーって勝手に注目してます。笑

Jamie Cullum 1/30 @Orchard Hall 渋谷

2014-02-03

Tag :



Jamie Cullumのライブに行ってきました。
前回の来日は3年前のフジロックなので、単独公演は久しぶりでしょう。
2013年に4年ぶりにアルバムが出たので、そのためのツアーなんですが
実は私はCD持ってません…
Jamie Cullumのライブを初めて見たのが2006年の渋谷クワトロ、
その時ビックリするくらいライブが良かった。
それ以来、来日したら1公演は見るようにしてます。3年前のフジにも行きました。
あのステージを見るために、あの声を聞くために、CD持ってなくても行くんです。
こんなアーティストはJamie Cullumだけです。
正直、彼のCDは私にとって「発売されたらすぐ聴きたい」タイプではなく、
「余裕がある時に手に入れて聴く」所に分類されてます。
なので4年前の『The Pursuit』は聴いてるけど、『Momentum』はまだ。
(Youtubeで一応予習してったけどね)

今回のOrchard Hallはライブハウスではなく、席がある広めのコンサートホールです。
普段こんな所にこないので、始まったら立つのか、それすらも分からない…
1人だったんでキョロキョロしちゃいました。(みんな始まったら立ったよ)
老若男女、様々な人がいて、Jamieの人気の高さ、幅の広さを感じました。
今回のツアーは東京→大阪→名古屋→広島→福岡ってスゴイんですね。
そんなに日本で人気があるなんて、知りませんでした。
東京なんて2Daysだし、こんなに埋まるんですか!


ここから、ライトなファンの私の感想。
Jamieの声はのびのびしてて、相変わらずピアノの上に乗ったり、
そこからジャンプして飛び降りたりしてました。
あんなに頭を振りながらピアノって弾けるんだ、とか
自分で頭を振りながら歌って、音に変化をつけながら歌うなんて、とか
片手で弦押さえてピアノ弾いたり、いつも見てて面白いんですよね。
何度も丁寧にお礼をしてたし、MCも分かりやすい内容で良かったなぁ。
ジャンルにとらわれず、なんでもアリな形の音楽で、
楽しそうにやってるところを見ると「音楽好きなんだなぁ」と感じます。
たぶん、そういうステージを見るのが楽しくて、
私はつい足を運んでしまうんだと思います。

私にとって一番のハイライトはアンコール終盤に1人での弾き語りです。
Jamieがほぼマイク無しの状態でピアノを弾いて歌うパフォーマンスがありました。
まず、会場の静けさがシーンって聞こえるくらい静まりかえって、
会場の中央辺りの私にまで、彼のピアノと声は聞こえてきました。
あの瞬間、上手く言葉にできないけどジーンときて、
さすがに泣きはしないけど、ウルウルするというか、本当に良かった!

あと、1つ前のアルバムだけど、Don't Stop The Musicが好きなので
(リアーナの曲のカバーだけど)これが聴けて良かった。
ピアノパートの部分も良かったし。

Jamie Cullum - Don't Stop The Music



北欧 Music Night 11/22 @Duo

2013-11-25

Tag :

友達が招待に当たって、誘ってくれたので
当日急遽行ってきた!金曜の夜にヒマな私!!

北欧 Music Nightってノーマークすぎて
誰が出るのかさっぱりわからない…けど
思ったより楽しめたので良かった!

Intertwine(Norway)
急だったんで仕事終わって行ったら8時だった。
とりあえず途中だったんだけど、
多分これは自分が好きなジャンルです~なんて思ってたら
1曲くらいで終ってしまった…とにかく打ちこみとトランペット。
なんか1人で部屋にこもって黙々と曲作ってそうなタイプ。

さっそくYoutubeに上がってた。早い~
Intertwine - I'm not real
(LIVE @ Hokuo Music Night,Tokyo,22.11.2013)



あともう1つ、これはちゃんと見た!
FM Belfast(Iceland)
かわいいけどっ!かわいいけどっっ!
がちゃがちゃ感ハンパないよ!!なグループ。
初めの2曲くらいは「なんじゃこいつら~~笑」なんだけど
3曲目くらいから「あれれ、ずっとこれで行くの?」ってなる。
ドラムがある(いる?)のに、シンセの打ち込みの方が主なのは何故?
あとはシンセ(キーボード?)が1人いるだけで楽器は終わり。
ギターやベースとかは無し。2人ボーカルで
あとチビッ子(大人の男性です)のパフォーマンスが1人?

でもとにかく盛り上がる、ハイペース、ジャンピング・ジャンピング、
な所が凄い。30分以上は体力が持ちそうに無いステージ。笑
若けりゃいいんだろうけどさ。2年後はどうだろうね。
でもお客さんはコレを見に来てんだろうな~という盛り上がりだった。
もしかして人気あるのかもね。
今ビデオ見てみたら、結構可愛かった。踊る指がカワイイ!
初めにビデオ見てたら印象違ったのかもね。

この女の子が歌った方が良かったので、この曲が一番印象に残ってる。
FM Belfast: Stripes

The Cribs 11/6 @代官山Unit 

2013-11-16

Tag :


The Cribsの東京2Days、2日目も行ってきました。
当初はお金が無いし、絶対そんな時間も無いと思ってたので、
どちらか1日しか行かないつもりでしたが、
友達が行くというので、つられてチケット買いました。
でも2日間で色々聞けたので、行って良かったです!

この日はRyan側の最前列で見ることが出来ました。
これは私が運が良かったのもあるけど、
ライブ前の2週間はサービス残業を必死に頑張ったおかげです。笑
とりあえず、ヤル気になれば意外と仕事終わりにライブも行けるもんだ。
最近、年3回くらいしか行かないからな~

Setlist

01 Chi Town
02 Hey Scenesters!
03 I’m a Realist
04 Come On and Be A No One
05 Glitters Like Gold
06 Cheat On Me
07 Direction
08 To Jackson
09 What About ME!
10 You’re Gonna Loose Us
11 Anna
12 Another Number
13 We Can No Longer Cheat You
14 Be Safe
15 Our Bovine Public
16 Men’s Needs
17 Wrong Way To Be
  +It Was Only Love


セットリストはHTEより。
1日目と同じくIt Was Only LoveはRyanが弾き語りっぽくやってた。

私が2日目に聞きたいと思ってたのは
Baby Don't Sweat・It Was Only Love・You’re Gonna Loose Usです。
Baby Don't Sweatは一番確率高いと思ってたけど無かったね。
逆に無理だと思ってたIt Was Only Loveが!
これ、2nd出した時の初単独ライブ以外に、あまり聞いた記憶が無い。
あとYou’re Gonna Loose Usも期待してなかったから超嬉しかった~
You’re Gonna Loose UsとTo Jacksonは来日記念盤EPに入ってたから、
そこも見てくれたのかもしれないと勝手に思ってます。
最後Wrong Way To Beってのも、久しぶりで良いよね!

この日もオーディエンスはかなり合唱していて、
The Cribsってこれだよ!って思える楽しい時間だった。
セットリストも結構変えてくれたのも良かった。
Hostessのツイートにも「The Cribsの2日目はしばらくやってなかった
曲をやるらしい、ただいまメンバー練習中」って写真上がってたし。
(どれが久しぶりの曲だったんだろ?)

Garyは「キティはロックだ?」とか意味分からないことを言ったり
RyanがIt Was Only Loveを歌ってる間、
ドラムの上のキティちゃんをいじったりしていた。
Ryanはキティちゃんにちゅーしまくってたのは覚えてる。
あとやっぱりRyan側で見るのは良い!顔とか色々と関係なく、
ライブでは無条件にRyanカッコいい!!ってなってしまう私。
RossはDirectionで相変わらずドラムの上に登って叩いてた。
あとBe Safeで映像でなかった時、
Rossが叩きながら指示してたのを、なんか覚えてる。
初めしばらくは宇宙みたいな映像がバックに出てて、
「Cribsに宇宙、なんて似合わないんだ…」と思った。
あと、Garyが日本語で「トウキョウ(ニホンだったか?)サイコー」
って言ってたような。Garyっぽくない感じが面白かった。
Wrong Way To Beは最後RyanとGaryが暴れてて、
Davidも2人に目で合図しながら「おれもギターなげちゃおうかな」
ってポーズをしてたんだけど、結局普通にギター置いて
帰って行ったのが笑えたわ。
※出待ちした子に聞いたら、3人が囲まれてたときも
バンに乗らずに、遠くから1人でその光景を見ていたんだって。
誰か声かけてあげて~

私がひいき目に見てるせいもあると思うけど、
The Cribsメンバーはライブ中はオーディエンスに誠実な感じがして
それにお客さんも歌って答えるって感じが今回はあったので
2日間行けて本当に良かったな!と思いました。
ライブでこんな楽しかったの久しぶりなんです。

なんで東京2Daysだったんだろ。発表が結構急だったから、
悲しいが初めは日本は寄らないつもりだったとか?
Payolaって国内盤なんて出てなかったよね、確か。
それで急遽東京2Daysやろうと思ったら代官山Unitになったとか?
マーがいたとはいえ、前回Blitzでやったバンドなのにね。
で、東京2Daysやったあと、次の日の朝にもう日本を出発でしょ。
うーん、気になるところです。

The Cribs 11/5 @代官山Unit 

2013-11-14

Tag :


The Cribsの東京2Days行ってきた!
初日はGary側の最前列で見ました。近い、近すぎる。
こんなに前で見るのはCribs初単独の時以来だ。
この日は友人が良い番号のチケットを取ってくれたので
前の週から残業を頑張って、当日はなんとか定時に会社を上がり
開場ギリギリ5分になんとか到着。

ブログを再開したのも、以前のライブがどうだったか後々見るためなので
今回も覚えてる限りはメモしておこう。
(前回のHostessのイベントは書かなかったから、
Cribsのライブがどんなだったか思い出せないのが嫌で、書く気になった)

自分のブログを見返してみたら、前の単独はマーがいたときで、
2009年10月だった。あと去年(2012)Hostessのイベントで1回来てる。
でも単独がかなり久しぶりだったんだね。
急に代官山Unitの2Daysが発表されてビックリだったな。
代官山UnitなんてこれまでのCribsにしてはかなり狭いハコだよ。
チケットとれないかも?と思ったのに完売しなかった…
お客さんはそれなりに入ってたけどね。
長年のCribsファンならチケット完売するってみんな思ってたハズ!
ちょっと残念。これから東京だけになっていくのかな~

Setlist

01 Come on, Be A No-One
02 I’m A Realist
03 We Share The Same Skies
04 Glitters Like Gold
05 You Were Always The One
06 Jaded Youth
07 The Lights Went Out
08 Cheat On Me
09 Martell
10 Back To The Bolthole
11 Women’s Needs
12 Mirror Kissers
13 Another Number
14 Be Safe
15 Hey Scenesters!
16 Men’s Needs
17 City Of Bugs
  +Hounted


セットリストはSmash HPより

SmashのページのセットリストはCribs側から提供されたものだと思うけど
Hountedもどっかでやってたと思う!Ryan弾き語りっぽく!
(Gary・Rossも少し弾いてたけど)
あまりセットリストのことは考えて見てなかったけど、
コレはまったくのノーマークだったので印象が強かったし、
CribsmasのDVD見返してみたら、やっぱりこれ見たと思うんだよね。

最近のセットリストを見た感じ、Martellはやらないだろうと思ってたから
イントロで超テンション上がった!特にRyanがギターを弾く時に
腕をぶんぶん回すのが、それじゃギター弾けないと思うけど(笑)
かわいくて大好きなんだよな~

この日が今までで一番みんなが歌ってるのが聞こえた。
狭いからみんなの声が聞こえて、更にオーディエンスの一体感があったのかも。
Another NumberやMen’s Needsのギターリフはもちろん、
I’m A Realist、You Were Always The One、Cheat On Me、Martell
その他たくさん、みんな歌ってたね。

この日のRyanの日本語MCで聞き取れたのは
「ニホンノ クスリデ カミヲ ソメマシタ!」だけ。あと分かんなかった。
Ryanは穴のあいたジーンズ、黒のレザージャケットで登場。
ジャケットを脱ぐと、Tシャツの袖がビリビリなのはもちろんのこと、
背中のど真ん中がまーるく穴あいてた。どーやったらそこ穴あく?と思った。
ダイブしたら、片方の肩の所もやぶけてワンショルダーに。笑
でも今回ダイブしても全然Ryanが沈まなくて良かった!
ロックだぜ!と言わんばかりの足を広げてギターを構える姿が最高にカッコいい。
足は細いままだったけど、腕はちょっと太くなってきてたかも。
でも前髪のあたり、ちょっとハゲないか心配になった。
あとRyanほっといたら、どんどん真ん中に移動してくる。笑

Garyはジーンズにブラウンのチェックのジャケットだったかな。
髪の毛も前よりセットした風な整った髪型だったな~
前に見たときGary太った!と思ったけど、今回そうでもなかった。痩せたのかも。
この日はこんなにもGaryをまじまじと見たことがあるのだろうか?
と思うほど近くで見てしまった。Garyはちょっと体の重心を下にして
上を向いて歌うから、上の歯までよく見えたよ。そんな見てないけど。
とにかく笑顔だったのが印象的だった。Gary笑顔だとすごく嬉しくなる。
多分めずらしいと思ってしまうせいだ。
前のイメージだとクールな印象があって、横でRyanがワーワーやってても
隣で黙々とやってます、って感じだったから。
でも今回はギターぶん投げたり、日本語で何か言ったり、ニコニコしたり、
上手く言えないけど、環境や、年月で変わるのかな。
あとRyanとGaryがお互いのギター・ベースを向かい合わせて
それぞれの弦をギーギーやるのを2日間ともやってたわ。

Rossは登場したときはピカピカ点滅する指輪をつけてて
ドラムを叩いてるとき、やたらと目立ってた。すぐ客席に投げたけど。
赤いバンダナが好きなイメージがある。この日はジーンズに巻かれてた。
Rossはこの前見たときから変わらないな。観察が甘い?
ドラムに登ったりはもちろんしてたけど。
あとドラムにキティちゃんが飾ってあった。プレゼントかな?

あと、サポートで入ってたNine Black AlpsのDavid!
この日に友達に聞いて初めてサポートで来てることを知った。
去年もいたらしいんだけど、サポートの存在すら気が付かなかった…
今日は目の前にいたから欠航みたけど、見た瞬間に思い出したというか
彼、変ってないよね。あの頃から何年たったんだろ。
チェックのシャツとかひょろひょろ着てて、イメージ変わらないわ。
演奏中はピョンピョン跳ねてて楽しそうだった。
あとNBAのライブの時どうだったか思い出せないんだけど、
Hey Scenesters!とかは一緒に歌ってて(マイクは無いけど)
「ファンならそこ歌っちゃいますよね」って勝手に思って見てた。笑

とりあえず、1日目終わり。

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。