スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきなB&B Jerichos

2014-09-15

Tag :

2011/10/13 木 Windermere


私がウィンダミアで泊まった宿はJerichosというB&Bです。
この辺にあるB&Bはカワイイ雰囲気の所が多いのですが、
ここもとっても雰囲気の良いB&Bで、家族経営のB&Bなんですが、
オーナーさんが細かい所にも気を配っているんだなぁ~というのが感じられます。
この旅行中でもっとも気に入った宿です。部屋もとってもステキ。
初めて部屋の写真を撮る気になりました!!
ベッドの横に飾ってあるのはウィンダミア湖の写真です。



平日は私しか宿泊してませんでしたが、休日は満員でした。
レストランもやっていて、予約すれば夕食も取れます。
私は夕食を食べる余裕はありませんでしたが、朝食は食べれました。
この日は調子に乗ってフルイングリッシュブレックファーストを頼みました。
お腹一杯でヤバかったけど、美味しかったー♪
この薄いブラウントーストに、バターやジャムをたっぷり塗って食べるのが
美味しいんだよね~普段はカロリーハーフのマーガリンしか使わないけど、
イギリスに来ている間はここぞとばかりにバターで、食べてやったぜ。
お皿の右にある黒いのはマッシュルームなんだけど、
あの丸で一個なのでかなり大きい。こんなのあるのか~ちょっとビックリした。


あと、部屋のカギとこのB&Bの玄関のカギを一緒に渡されたのが驚きでした。
でもB&Bはどこでも、玄関のカギか、入るための暗証番号を渡されました。
ホテルと名が付く所はレセプションがあって、常に人がいるのでそういうのは無いんですが、
B&Bやゲストハウスはレセプションが無いので玄関がオートロックになってるんですね。
スポンサーサイト

Windermereへ到着

2014-09-04

Tag :

2011/10/12 水 Glasgow→Windermere

Windermere(ウィンダミア)は湖水地方の玄関口のような、
湖水地方を旅行する場合、拠点になるような街です。
本当はコーチで行きたかったんですが、グラスゴーから行くには
電車で行くのが一番だったので、電車で出発です。


電車に無事乗れましたが、問題発生。
スーツケース置き場がいっぱいです。。。
この旅行で何度か電車に乗りましたが、大体スーツケース置き場は一杯でした。
今ってハイシーズンじゃないと思うんだけど、置けないもんなのかな?
しかも置いてあるのってスーツケースじゃなくて、網棚や足元に置けそうな
ボストンバッグや小さなキャリーが山積みされてるんだよね・・・
私は大きめのソフトケースだったので、自分の足元に置けるワケもなく。
この日は隣の席がとりあえず空いていたので
(指定席なので、まだ乗ってきてないと思われる)
何か言われたら、その時考えよう・・・なんて思ってたら、
1時間40分後、乗り換えの駅に着きました。良かった。

ここが乗り換えの駅、Oxenholmeです。


かなり小じんまりした駅。
Windermereへ電車で行く人は、多分みんなここで乗り換えでしょう。
しかし思ったより降りる人が少ない!ついて行けば良いと思ってたけど・・・
“Windermereへの乗り換えはここ”という感じの看板がホームにあるので、
降りたホームで待ってみたけど、なんか違う気がしたので、
とりあえず太った駅員のおじさんに「Windermereに行きたい」と言うと、
ホームにある地下道?を指差して「3番線だよ」とのこと。
どうやら坂道を下ると下で隣のホームと繋がってるみたい。
乗り換え5分なのでスーツケースを引きながらダッシュで乗り換え。
階段じゃなくて良かった。
他の観光客っぽい親子も私についてきたので
「なんだあの人達も行くのか」とか思いながら。

無事に乗り換えて、ウィンダミアへ到着!
約2時間の旅でした。もう3時なのでとりあえずB&Bに向かいます。
ここは駅前にスーパーもあるのでとっても便利です。

Windermereへ初の列車移動

2014-09-04

Tag :

2011/10/12 水 Glasgow→Windermere

この日は電車でWindermere(ウィンダミア)へ移動です。
今回初めて電車での移動なのでドキドキします。
まず出発地のCentral St.です。ガラス張りのデザインなど、とてもキレイで
ヨーロッパの駅に来たなーって感じですね。


これが切符。上の2枚が切符で、下はレシート。

まず駅の入り口付近にある機械で、日本から予約していた切符を発券。
その後電光掲示板を見ながら電車が来るのを待つ。

私の乗る電車は「On Time」となってますが、何番のプラットフォームに着くか出てません。
なんかギリギリに決まるみたいなんですね。日本じゃありえないんですけど。
でもどの駅に止まるか出ているので、自分が乗る電車がどこで止まるのか確認しやすいです。
まだ1時間あるけど街をウロウロする元気も無く、寒いのでそこのパイを食べることに。


ポーク&アップル・パスティです。
日本には無い組み合わせだ!と思って買ったんですが、
これが大当たり!!多分ジンジャーが入ってて、すっごく美味しかった♪
(後日、この味は再現できないものかと作ってみたけど、ダメだった・・・)

そして時間は近づいているのに、いつまで待っても何番のホームなのか表示が出ない。
私はVirgin Trainsに乗る予定だったんですが、
全てのプラットフォームを見渡してみると、Virginの電車は1本しか乗り入れてませんでした。
なので駅員に「このチケットってこの電車?」って聞いてみたら
「そうだよ」とのこと。もう着てるんじゃん!なんだかな~
電車
この電車に乗って無事出発!!

グラスゴー観光

2014-05-07

Tag :

2011/10/11 火 Glasgow
今日はグラスゴーの観光です。

Glasgow Cathedral(グラスゴー大聖堂)

まずはグラスゴー大聖堂です。街の中心地から離れていたので、
ホテル近くのCharing Cross駅から地下鉄でここまで来ました。
(ホテルも街の中心地から離れているため)
外は修復中みたいで工事中でした。中には守護聖人・聖マンゴーのお墓とかあります。

Glasgow City Chambers(グラスゴー市庁舎)

でーん!としてますね~これ市庁舎なんだよね。すごいよね。
もはや城ですね。ガイドブックに中も見れると書いてあったので入ってみました。


いやーすごい。ここが職場って感覚がわからない。

Gallery of Modern Art(ギャラリー・オブ・モダン・アート)
アートの街グラスゴーなので、グラスゴーのモダンアートの美術館へ。
モダンアートの美術館へ行くたびに思うんだけど、モダンアートって難しい。
美術館の前の銅像が何故か三角コーンをかぶっているのが気になった。
ここだけではなく、他にも三角コーンの銅像を見ました。なんでだろ。




ホテルの近くにあった場所です。ここから上がった先にグラスゴーアートスクールがあります。
校舎は建築家マッキントッシュの作品です。一応見に行ったんですが、
補修工事でもしているのか?ちゃんと見れなかったので残念でした。

この写真を取った場所はフィッシュ&チップス屋でした。
旅行中なんどか食べましたが、ここは美味しい方だった気がします。
私の今日の夕食&明日の朝食でした。
さて私はこの旅行で何回フィッシュ&チップスを食べたのか?わからないくらい食べました。
アートスクールの学生さんも買いに来てました。(店員との会話を聞いた感じ)

Wolf Gang Live@King Tut's Wah Wah Hut

2014-05-04

Tag :

2011/10/10 月 Glasgow


PM10:15~いよいよWolf Gangの登場です。
日本だともう終わってる時間ですよね。海外は違うなぁ~

Wolf Gangもロンドン出身で、ボーカルのMaxのソロプロジェクトとのことで、
ライブはバンド形式でやってるシンガーソングライターなんだと思ってたんですが、
最近Wolf Gangのツイッターの写真などがMaxだけのものから
4人のものに変わっており、気が付いたらバンドになってました。
個人的にはバンドより1人でやってる人の方が安心できて好きなんですけどね。

私もライブに行くまでは、顔もよく知らなくて(CDは聴いてたけど)
Wolf Gangってモーツァルトから?と思って気になって聴いたのがきっかけでした。
(全然クラシックとか関係ない音楽性だったけど)

まだ2011年7月にアルバムを出したばかりなので、これからが楽しみというか
出来れば売れて欲しいバンドです。
1枚目は最近流行りのダンスっぽくて、ちょっとサイケデリックな感じもありつつ
キラキラしたアルバムになっているので、メロディーもつかみやすく聴きやすい
アルバムになっていると思います。日本にも来てほしいな~と思ってるんですが
2枚目のアルバムが出ず、ライブはたまにやってたんで解散はしてないみたいだけど
大丈夫なのかなぁと心配してたら、2014年4月にやっとEP出てました。
すごいタイミングだ。笑

演奏した曲(多分)
Lions in Cages
Something Unusual
Stay and Defend
Suego Faults
The King and All His Men
Back to Back
Dancing with The Devil
Where Are You Now
New Song
Midnight Dancers(?)
Night Flying(?)
*?は自信無し




The King and All His Menでキーボードを弾くMax
熱くてジャケットは脱いでもストールは外さないのはナゼ?

The King and All His Menは最後のほうにやったんですが、
高音の所が声が出づらそうでしたね。
最後は乗ってきて調子も出たのか、ちゃんと歌えてましたけど。

熱いファン(ふくよかな女性だった)がいて、その人の興奮が凄かった!
Suego Faultsが始まると「私それ大好きー!」とか大声で言ってて
狭いヴェニューだからめっちゃ響くんだな。
最後には他のお客さんもMaxも失笑気味になってきて
「ぼくは他の人とも話したいんだけど・・・もっと皆話しかけてよ!」
みたいなこと言ってたと思う。

とりあえず初のイギリスでのライブはヴェニューもアットホームな雰囲気というか
良い所で見れたので、とっても楽しく、大満足で11時頃にホテルに帰りました。

私はこのライブに行くために、中心地から少し離れてるけど、
会場にはすごく近いホテルを取りました。帰りも早足で帰れば夜道も少し安心です。

S.C.U.M Live@King Tut's Wah Wah Hut

2014-04-24

Tag :

2011/10/10 月 Glasgow
チケットを受け取ってホテルに戻ってから再び9時に会場に戻ってきました。
パブスペースを抜けて、会場に入る入り口でチケットを見せると
紙でできたリストバンドを巻いてくれます。
これでパブとライブスペースを行き来できるわけか。

丁度S.C.U.M(スカム)というロンドン5人組みのバンドがライブがスタートしました。
音はダークでシンセがバンバン入ってる所はサイケというのか。
そしてボーカルが浮遊感ありまくりのユラユラ声です。
正直嫌いじゃないのでラッキーでした。

事前にPV1個だけチェックしてったけど、以前のThe Horrorsっぽい。
ライブを見てもまた思い出しちゃいました。
といってもホラーズも1枚目のアルバム出した頃に1回ライブに行っただけなので、
当時の雰囲気と比べて、としか言いようが無いんですが…
(ホラーズのメンバーの弟さんがいると後で知りました。
やっぱ兄弟で好きなものとか似るんでしょうかね)

S.C.U.Mのボーカルは楠本まきの漫画に出てくる男の子みたいでした。
髪長くてさぁ。誰か分かるかなぁ~楠本まき。笑
ステージの上に“ステージに上がるな”的な張り紙がいっぱい貼ってあったんですが、
ボーカル君が1枚ずつ丁寧に歌いながら剥がしていってました。
「なんか誘ってるんですけどー!?」って思ったけど、
みんなおとなしく聴いてたから誰も上がらなかったね。笑

ステージが終始暗かったので、写真は諦めました。
結構ライブも良かったけど、結局CDは買ってないS.C.U.M。


海外でのライブ@ King Tut's Wah Wah Hut

2014-04-20

Tag :

2011/10/10 月 Glasgow
この旅行の1つの目的に「ライブに行く!」というのがありました。
私は洋楽、とくにイギリスのRockやPopと分類される?音楽が好きなのです。

今日は念願かなってライブハウス(クラブ?)に行く日です。
海外のライブハウスは初めてなのでドキドキします。
まず夕方にライブハウスがどこにあるのか確認がてらチケットを取りに行きました。
Ticketmasterでチケットを取っておいたので引き換えに行くのです。
チケットマスターで購入するときにBox Office引き取りにしておけばOKなんです。
予約チケットの受け取り時間はヴェニューによって違いますので、
チケットマスターのヴェニューデータの欄でチェックです。
ちなみに今回のヴェニューは当日の18時以降に受け取り可能でした。
※イギリスではコンサート会場をヴェニューと言います。


このKing Tut's Wah Wah Hutというヴェニューは入った入口はパブになっていて
奥の方まで行くとドアがあり、そこからライブスペースに入れます。
パブに入るのは自由で、そのドアを通る時にチケットが必要なのです。
このクラブはイギリスでは有名な会場なんだそうです。
Oasisがデビューするきっかけもここでのライブだったそうです。


今回のチケット。日本のチケットよりカワイイです。

そしてチケット引き換え時に「今日のWolf Gangは何時スタート?」と聞いたら
「8時だよ」と返ってきました。細かい時間は分からないということなんですかね。
言葉の壁により、つっこんだ質問は諦めます。笑

日本と違ってイギリスではライブが始まるのがかなり遅いです。

サポート1(Niki and The Dove)PM 8:00~
サポート2(S.C.U.M)PM9:00~
メインアクト(Wolf Gang)PM10:15~
※サポート2とメインアクトは私のメモによる実際に始まった時間

事前にわかっているのはサポート1がPM 8:00~ってことだけなので、
メインだけ見れればいいなら8時に行くとものすごく待つことになります。
なので私は一応「今日のWolf Gangは何時スタート?」と聞いてみたんです。
もしかしたら予定で決まってる時間を教えてくれるかもしれないし。

とにかく帰って腹ごしらえにスーパーで買ったパンを食べたり、
テレビを見てマッタリしつつ、時間をすごしました。

この日私が行くのはNME Radar Tourというもので、
まだアルバム1枚しか出してないような若い(おそらくNMEが注目している)バンドが
3組でツアーを回るものです。毎年やっています。
Wolf Gangもデビューアルバムを2011年7月に出したばかりです。

パブの入り口



Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。