スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Zutons 『Tired Of Hanging Around』

2006-04-23

Tag :


待ってましたThe Zutonsの2nd『Tired Of Hanging Around』。
国内盤にはDVDが付くらしいので本当ならそっちが欲しいんだけど、
今はZutonsの国内盤を買っている余裕が私のお財布には無いんです;
2ndとにかく全体的に都会っぽくなったなぁ、というカンジです。
(1stも好きだったけど、少々野暮ったいカンジ?があったので)
あとアビちゃんの使い方が上手くなってるような気がします。
だってせっかくバンドにSaxがいるのに、
1stでは取って付けたかのようなカンジだったし、
なによりもアビちゃんが歌っているではないか!
Why Won't You Give Me Your Love?のPVも
ウエストサイド・ストーリー風?(見たこと無い)でかなり面白いよね。
今年はフジにも出るんだっけ…私は行けないので単独で来て下さい!

あとこんなの見つけた。Zutonsピンボール!結構ムズい…


そういえば渋谷に行ったときタワレコでガングロのいかにもギャル男な人が
Delaysのアルバムをしげしげと見つめてレジに持っていくのを見た。
彼がアレを聴くのかなぁ・・・

Hope Of The States 『Blood Meridian』

2006-04-16

Tag :


Hope Of The States『Blood Meridian』がやっと私の手元に。
本当だったら水曜辺りにでも届いてたはずだったんだけど、
10インチだとポストに入らないとかで郵便局に戻っちゃってたんです。
それでやっと土曜日に再配達してもらいました!

オフィシャルのデザインから予想できた通り、やっぱり2重構造。
後ろからバリッと開けないとレコードが取り出せません。
始めは開けるのやめようかと思ったけど、聴かなきゃ意味ナイし、
ここ1番の集中力で少しずつ剥がし、なんとか破かずに開けられました。
曲の方はイマイチかなぁなんて届く前は思ってたんだけど、
ちゃんと聴いてみるとやっぱりHOTSだなーってカンジで良かったです。
特に私はA Horseがお気に入り♪
Blood Meridianはタイトルからしてすっごく歌詞が気になる。
私のリスニング能力はダメダメなのでアルバム発売まで待つかな。

そしてアルバムのトラックリストがいつのまにやら出てました。
01 Seconds
02 Blood Meridian
03 Sing It Out
04 Bonfires
05 The Good Fight
06 Left
07 Industry
08 This Is A Question
09 Little Silver Birds
10 Four
11 January
12 Forwardirektion
13 The Church Choir

正式じゃないので、変わる可能性もあると思いますけど。
Bonfires入ってますね~楽しみだ!でもBlack Stars, Red Starsが無いなぁ。
知らない曲もあるんですが知ってる曲から察するに
ダンサブルなアルバムになりそうな予感です。

あと5/29に2ndアルバムより先行で出るシングル『Sing It Out』!
このシングルはシングルCD×1・7インチ×2の3フォーマット。
しかもシングルには私の大のお気に入りMy Son The Crowが収録。
(Liveで絶対聴きたかったからアルバムに入れてほしかったなぁ…)
Recordstore.co.ukで3フォーマットセットのプレオーダーを利用すると
サイン付きっぽいです。
でもGatefold sleeveというのが気になるところ。
これは今回の10インチと同じような仕様なんだろうな、面倒だな。

もう10日から働き始めやんですけど、朝5時に起きて夜9時に帰宅
そして朝が早いから12時には就寝…ゴハンとおフロタイム入れても
自由時間3時間しかないよ!会社員ってハードだな~と思う毎日です。
だからこの生活に慣れるまでのしばらくはグッと更新が減ると思います。

帰ってきた!

2006-04-09

Tag :

昨日帰ってきました。岡山なんて行ったことが無かったものだから、
研修は知識詰め込み型だったので辛かったのですが、
その他は旅行気分で、全く学生気分の抜けない1週間でした。
まだまだ「働く」という実感が沸かないんです。

こっちに帰ってきてネットを見ていたらシガロスやらArcticのLiveレポが…
行きたくても行けなかったことを今更思い出しました。
来日あったことすっかり忘れてたよ!

The Cribsのフジロック参加は向こうにいる時メールで知りました。
メールが来る前日に私は超めずらしく夢を見て、
それがRyanに遭遇する夢。私は英語は全然ダメなんだけど、
「何で来てくれないのか?」とかカタコトの英語でしゃべってる夢だった。
私ってばこんな夢見るなんて相当疲れてるんだなぁ…(笑)とか思ってたら、
フジのことを聞いてビックリ!!コレが“虫の知らせ”ってヤツなのか?
でも出演日が金曜で良かった~会社休めないから確実に行けないもん。
これが土・日曜だったら社会人1年目から無理をしてバカを見るか、
行けそうで行けないっていうもどかしい気持ちになること間違い無し。
だったらいっそ絶対私が行けない無理な日程で来てくれ!!
私としてはこれがまた日本に単独で来る足がかりになれば嬉しいし、
多分彼らはフジの方が楽しめるだろうから、まぁ良いか。
これで自分が行ければベストなんだけどねー

あとサマソニの詳しい日割とか発表されたんですね。
Devendraはビーチで登場だとかでかなり嬉しいです。
彼なら海水パンツ1枚とかやってくれるかもよ!
ゆかただってきっと似合うはずだ!とにかく期待しておく。
あとは予想外の自体が起こらないことを祈るのみ。

Delays/The Kooks/The Vines

2006-04-02

Tag :

何気に3月の後半シーズンで3枚もゲットしてたんです。


Delaysの『You See Colours』は国内盤を買おうと思ってたのに、
我慢できなくて買ってしまった。
でも国内盤のボーナスもたいしたことないし、いいんだこれで。
今年の1月頃に聞いた2ndからの先行『Valentine』を聴いたときは、
そのタイトルと曲調にビックリしてたんだけど思ったより大丈夫だった。
Valentineだけ聴いてたら、全体がもっとAaron色が強いのかと思ったけど、
これ位だとほどよいカンジかもしれない。
Aaronがいると音の面で色々あって面白いのかもね。

しかし少しアカ抜けたよね~?Gregサッパリしてるし、ビックリだよ。
私が最後に見たGregは髪がロングでキモかったような…笑
あの田舎臭いボーダー集団が懐かしいよ。
(でもまだボーダー卒業してなかったね)
このアカ抜け具合がこれまた微妙な立場を生み出しそうだなぁ。



The Kooksの『Inside In/Inside Out』は、やっぱり気に入った!
やっぱり1度は名までLiveを見てみたい。
一応サマソニで狙ってみるけど、今年はどうかなぁ。
他にも気になってるのが、ちょこちょこ出てるんだよね。

今年のサマソニはアーティストが発表されるたびに、
私の見たいのが微妙にいるんだよねぇ、普通に見たいの被りそうで怖い~
とりあえず65DOSを優先させるのは絶対なんだけどね!!笑



The Vines『Vision Valley』は先行国内盤。
今日近所のCDショップに寄ったらコレが並んでて、思わず衝動買い。
すごいVines大好きー!とかってわけでも無いんだけど、
やっぱCraigの声とか曲が好きだから、彼が復帰して、
こうやってまたアルバムをリリースしていることが素直に嬉しいのです。
すごいファンだったら多分別の感情もあるんだろうけどね・・・
曲調がやたら明るいように感じるのは気のせいでしょうかね?


それでは約1週間旅立ちます!

いいのか…?

2006-04-01

Tag :


Summer Sonic 06の第5弾発表が3/31だったんですけど、
トップのくるりから下にスクロールしてって、一番下まで行くと

“ Devendra Banhart ”の文字が・・・
わー!変人、ヒッピー、チャクラだー!! (意味不明)

このラインナップでDevendraはアリなんですか?
めっちゃ浮きまくっているではないか!どこのステージに出すんだ!
私はうれしいけど…絶対フジだと思ってたよ。
できればビーチステージみたいな、ゆるいステージ希望です。
65DOSといい、今年のサマソニはちょっと驚きです!


そういえば…パソコン買っちゃいました。
ローン、ローンだよ。

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。