スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Shoes『Let's Go EP』

2009-06-28

Tag :



The ShoesのLet's Go EPやっと買いました。最近CDショップ行ってなかったんで。
彼らはフランスの2人組で、私は去年のサマソニで見てから
かなり気に入って聴いています。やっぱShoesの曲を聴くと気分が上がりますね!!
まだアルバムを出していないので2枚のEPしか出していませんが
ライブではお祭り騒ぎのようなパフォーマンスでオーディエンスを乗せるのが
ホントに上手い2人です。(1stアルバムが9月とのこと)
ちなみにこのShoesはDJセットでプレイしながら歌も自分で歌うという形なので
ライブ中もDJブースに大人しく納まっているワケもなく
好き放題動き回って暴れまわっています。笑
リミックスも色々手がけていてVirgins、Mystery Jet、Golden Silversなど
色々とやっているようです。

今回のEPもLet's Goなんて聴いてるだけで踊りたくなるし、
Red Lightはなんか掛け声とか入っててライブだと盛り上がりそう。
Ho Lordは個人的にすごく好きな曲でこのCDに入ってるリミックスも好き。
Alex Metric remixとか良いよね~。
とにかくDJモノはほとんど聴かない私ですが
The Shoesはホントに機会があれば生で!ってカンジですね。

しかしこういうクラブものってどうしてこう深夜なんでしょうね・・・
The Shoesはフジロックへの出演が決まっていて、更にアフターパーティーも出ます。
フジロックはコレ深夜枠だよね・・・
アフターパーティーも月曜22:00~ってオールして会社なんてムリムリ。

The Shoes-America

去年Shoesが日本に来日した時の撮影された映像です。
このAmericaという曲はかなり盛り上がる曲でサマソニでは“America!”の部分が
“Tokyo!”とか変えたりしてたと思います。フジだと“Niigata!”とか?
スポンサーサイト

Patrick Wolf『The Bachelor』

2009-06-21

Tag :


先週届いたPatrick Wolfの4枚目のアルバム『The Bachelor』
実は3rdの時ほど初めからの期待はしてなかったんですが、
やっぱり彼の作る音楽は素晴らしい!!

いや最近の彼のファッションとかVultureのビデオとか見ても
Magic Position(アルバム)のときよりも更にハジけてて、
(この時ですら若干の戸惑いがあったんですが・・・)
Lycanthropy・Wind in the Wireの時に比べると
かなり遠いところまで来たなぁ、今度はどうかなぁーなんて思ってました。
また彼は彼自身のファッションがその時の音楽に比例するタイプだし。

でもちゃんと聴いてみるとMagic Positionに比べると
ダークな雰囲気が出てて、でもなんか攻撃的なカンジもあり、
さらにすごく荘厳だったりする部分もあって聴けば聴くほど面白いアルバムです。
そういえば最近見かけるプレス向けの写真とかは
激しいファッションだけど色使いどこかダークだから、
やっぱりアルバムのイメージに合ってたんだな、とか納得したり。

あのPVのイメージが強すぎてVultureは初め好きになれないと思ったけど
何度か聴いてると、そのイメージが薄れてきて今は普通かな。
個人的にはDamarisがすごく好きです!聴くだけで頭の中に景色が浮かんでくる。
Wind in the Wireに入っていそうな曲なんですが、そこに荘厳さがプラスされて
孤独な雰囲気の中にも光を忘れていないような…そんなカンジです。
私が大好きなPatrickの曲は聴いてるだけで景色のイメージが沸くものが多いです。
アルバムと同タイトルのThe Bachelorも今までに無い、
軽くhip hopが入ったような印象を受ける曲で面白いですね。私は好きです。
あとThe Sun Is Often Outとかライブで生でPatrickの歌を聴きたいな~
でも最近のPatrickって前より更にパフォーマーっぽいカンジがして
私的には寂しいと思っちゃうんですけどね。露出度とか服の脱ぎ方とかストリップっぽいし。
Patrickがそれが好きなら仕方ないけど、私としてはもう少し普通でいてほしい。笑

ああ、でも他にも良い曲沢山入っててアルバムはホント良いです。
前にも思ったけど、Patrickがただの変な人みたいになっても(笑)
彼が音楽を作り続ける限りは見守って行きたいですね。

懐かしのCASCADE

2009-06-14

Tag :

この話はあんまりだれかに話したこと無いんで
昔の事とか思い出してたら、取り留めの無い長い話になってしまいました。


実は中高生の頃、一番ハマっていたバンドはCASCADEだったりするんです。
しかも周囲の同級生には「カスケードとか超キモイんだけど~!
生理的に受け付けないわ」とか言われてた為、家でひっそり聴いてた。笑
といっても解散する1~2年くらい前からだんだん好きじゃなくなって、
彼らが解散したのはしばらく経った後に知ったような気がするんですが。

なんでこんな話かというと7年ぶりの再結成をしたCASCADEのライブに
この間行ってきました。ああホントに懐かしかった。
ベースのマッコウだけこの再結成に参加してないのは残念だけど。
1人で行こうとは全く思わなかったから誘ってくれてありがとう。
Barksで記事にもなってました。

カスケードってヴィジュアルとタマちゃんの男とは思えないカワイらしい声から、
パッと見だけで敬遠されるタイプのバンドだったんですが、
そんな理由で避けられてるのがもったい無いバンドだったと思います。

私にとってはカラフルなファッションによる見た目の奇抜さと、
更に音は基本普通のポップソングなんでギターロック的なカンジなんですが、
テクノっぽいカンジもあって、さらにヘビメタかよって時もあり、
こんなに面白いことやってる人達いたんだ!!っていう
それまでTVを見ていても音楽には興味の持てなかった
中学生の私には、ものすごく衝撃的な出会いでした。
(現に小学生の時はCDなんて1枚も持っていなかったし、
もちろんTVでやってる歌番組にはほとんど興味を示さなかった私…)
実際ああいうファッションは自分はマネしたいとか思わなかったんだけどね。
メンバーのこの人が特にカッコよくて好き、っていうのが私には全く無くて、
ホントにカスケードっていうバンドそのものが大好きだった懐かしい思い出です。

あらためてカスケードのCDを約9年ぶりくらいに聴いてみたけど、
完璧に今の自分の好きな音楽のルーツと言える音だったよ。
今聴いてみても好きだと言える。(実際毎日聴いたりしないけどさ)
日本じゃなければもうちょっと受け入れられたんじゃないかな~
とか思うんだけど、、、どうかな。

CASCADE-しゃかりきマセラー
あの頃Youtubeなんてなかったのに、こんなPVが上がってることにビックリ。
この曲は私にとっては「CADCADEってホント意味不明だよね」な一曲です。



ああそれでライブなんですが、ほとんどMCも無く怒涛の約2時間ぶっ続け。
9割が懐かしのナンバー、1割新曲でとっても懐かしい時間でした。
っていうか今更カスケードのライブに行くなんて思ってなかったし。
全くCD聴いて行かなかったのに、曲が流れれば口ずさめるっていうのはスゴイよね。
流石に邦楽ポップの定番のあの観客の動きにはついて行けなくて
(あの手の動きとか)後ろでひっそりと見ていたけど。苦笑
メンバー3人ともなんか変わってなくて、約9年ぶりに見たのにファッションすらも
落ち着いてないっていうのはスゴイというか、ココだけの話、若干引いたよ。笑
相変わらず過ぎだろう!、みたいな。
タマちゃんの声は初めはなんか伸びがなくて、
「普通に変な声だけど、こんなもんだったっけ?」とか思ってたら
だんだん調子が出てきていたと思います。
マサシ君のギターはホント相変わらずカッコイイんだな。
この人ヘンタイっぽくカッコイイっていう凄い人だと思うわ。
歌うと意外とカワイイ声してるのが、また面白いところだよね。
ヒロシ君のドラムもなんかとても懐かしい。相変わらず控えめだし。
マッコウがいないからベースはサポートの小さな女の子だったけど、
なんかあんまり聴こえなくてイマイチだったかなぁ。
ここベースきてよ~って所で全然ぼやた音で聴こえてこなくって、
どうしても「ああマッコウだったら…」と思ってしまいました。


私はカスケードのインストものがすごく好きだったんで
デトロイドとか、あんなボギーの初めの部分は特に初めて聞いたときに
ベースとギターの絡み合いが好きだった記憶が。
ベースが残念なことになってたけど今回聴けてよかった。
マダラダマとかあの時は何にも思わなかったけど結構良いな、
とか新たな発見もありつつ。
Viva Nice Tasteとかアンコールのボニクラとか特に好きだった記憶が。
アルバム「80*60=98」以降の曲がシングルばかりだったような気がして残念。
他にもいっぱい好きな曲がありすぎてもうここには書けないわ。


とりあえず、しゃかりきマセラーarigatai digi maniaxのような
超あやしいジャンル不明な雰囲気の曲がありつつ、
Oh Yeah Babyスーパーカーのようなカワイイ曲か混在している、
彼らの音楽が好きでした。
多分私は今のカスケードを、昔のカスケード以上には見れないと思うけど、
再結成するからにはそれなりに良い曲出して、昔を懐かしむファンより更に
新曲でファンが獲得出来るように頑張ってほしいですね。
メンバーがあれからも音楽をやり続けていて、
再結成しても私には相変わらずの3人に見えたことが嬉しく思いました。

frYars『The Ides』

2009-06-08

Tag :

Amazonで買ってから毎日聴いてます。
frYarsはロンドン出身の18才(今は違うかも?)のBen Garrettの
ソロプロジェクトとのことで、去年に出ていた国内盤『The Ides』を購入。

この子も1人で色々出来ちゃう系の人なんだろうな~
Idesはピアノの音とか電子音のカンジがカワイイし、
Chocolateはエレクトロニカ色が強いけど、聴いていると
どこかに迷い込んだような感覚になって面白いです。
声は若干Devendra Banhartっぽいなと思う瞬間もあり自分好みだったりする。
とにかく自分の世界をちゃんと持った人っぽい音なので
これからのアルバムも、とっても気になりますね!!

frYars - Ides

Modular Records × UT

2009-06-03

Tag :

モジュラーレコードとUT(ユニクロTシャツ)のコラボって!
初めて聞いた時はマジ驚きですよ。

CutCopyのTシャツがオフィシャルで見てからカワイイ!
と思って前から欲しいなぁ~と思って見てたんですが、
ユニクロで買えたらお得ですよね。
個人的にはメンズのCutCopy7分袖が気になるんで、
1番小さいサイズを買ってみてもいいかなって思ってます。
ホントに欲しいデザインはオフィシャルにしか無いんだけど
ユニクロだったら2000円以下で買えちゃうしね。

っていうかCutCopy来ないかなー
去年アルバム出たのに全然来ないし。
私はかなりこのアルバム聴いてるんだけど。


他のバンドデザインもモジュラーレコードデザインもカワイイです!
Modular Records × UT特設ページ

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。