スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bombay Bicycle Club 12/7 @Astoro Hall

2009-12-23

Tag :


超今更ながらBombay Bicycle Clubのライブがめちゃめちゃ良かったです。
普通にCDの音源も良いんだけど、ライブが驚くほど良かった…

実はYoutubeではかなりチェックしていったんだけど、
CDは買いそびれてて持ってなかった。
単独も「月曜だからちょっとなぁ~」とか思ってたのに、
アンセムでライブを見てから速攻で会場でチケットを買って
近所でCDが売ってなかったので単独後にネットでCDを買い、
なんか毎日聴いてしまっている。笑

単独といっても前座がいたのでゆっくり会場に行くと
そこそこ埋まってて一安心。
Youthmoviesの人の少なさを経験してしまったので
大抵はそこそこ埋まっているように思えてしまうんだけど・・・
セットリストは分からないけど、アルバムの曲はほぼ全部やってたような。
How Are Youもやったかもしれない。
何が良いかというと曲が良い事ももちろんなんだけど、演奏が良いんです!
若いのに演奏はしっかりしてて重なる音のハーモニーがまず気持ち良い。
そして演奏だけの部分になると急に音がデカくなるので、
その気持ち良い音でライブハウスがいっぱいに充満したカンジが
たまらなく最高な瞬間でした。
ギターやベースラインも良く聞くと面白い動きをしていて、
そのドラムとの縦のラインがあまりズレてないように聴こえたので
私としては「若いのに感心だなぁ~」と思いました。

シングルカットされてる曲とかも良かったんですけど、
Cancel On Meも最後の方にやったよね?アストロが狭いせいか
この曲の最後の方が気持ちよかった。What Ifも好きだな~

Vo&Gのジャックがギターを激しく弾くときのあの顔が忘れられないんですけど。
ニヤっと笑ったかと思うと、そのまま激しく弾き始めて
オーディエンスも割りと静かめだったのにすごい笑顔だったから
なんか自分の世界に入ってるのかなぁ…と思いました。
あとジャックが「ありがとう」って言って手を振る仕草が微笑ましくて
会場からは暖かい笑いが起きていました。
ギターを弾いてたエドはオーディエンスがあまり盛り上がっていないので
私がそう見えただけか冷めた雰囲気で弾いているように見えました。
でもたまーにオーディエンスの後ろの方を見てニコニコしてたので
冷めたように見えただけかもしれない。それか後ろに誰かいたんでしょうか?
小学校にこういうちょっと太った男の子いそうだなぁ~とか思ってみてたんですけど
昔の写真をネットで見かけたら結構カワイイ感じだったのね。
ドラムのスレンはずっとクールな感じだったね。

ところで1つ疑問に思っていることがあるんですが、
事前にクリエイティブマンのHPでは「ベースが来れない」と書いてあったので
顔=楽器で認識していた私は「ああ、あの背の低い子来れないのか」と思ってたんですが
ライブで出てきたときに、私がベースと思ってた子はギターを弾いてて、
ベースにはスーパーマリオ似が…
(ベースのサポートは出てきた瞬間、客の8割はマリオだ!と思ったに違いない)
「あら~ベースとギターの子勘違いしてたよ」なんて思ってたんですが、
Always Like Thisとあと1曲だけ私がベースだと思ってた子がベースを弾いてました。
雑誌か何かで見た限り、来日のライブで主にギターを弾いていたのがエドで
来れなかったのがジェイミーだと思うんですけど、本当はエドがベースでジェイミーがギター?
あんなに気持ち良い演奏だったのにベースがマリオで、ギターが普段ベース?
フルメンバーでやったらもっと良いの??とりあえず早く見たいな~
サマソニに来るらしいので楽しみです。つか決まるの早くない?
でもこういう新人さんこそもっと皆見るべき!!
スポンサーサイト

Florence + The Machine 『Lungs』(Box Set)

2009-12-17

Tag :



最近ずっと聴いてて買ってしまったFlorence + The Machineの『Lungs』のBoxSet!
この間ダウンロードで済ましたのは11月30日に発売されるこっちを買うか迷っていたため…

CD3枚とDVD1枚で海外から買えば4000円くらい。
CDは①通常盤②ライブ盤(Live at Abbey Road)③リミックス&カバーの3枚です。
DVDはRivoli Ballroomのライブから11曲、スタジライブが4曲、
さらにミュージックビデオが4曲も。コレだけでも満足なんですが、
この装丁が本のようになってて、中に30ページほど写真とかがあるのも良いし
全体的なデザインもかなり好みです。

Rivoli BallroomのライブはYoutubeでいくつか上がってるのを見たので
本国ではTVとかで放送されたのかもしれませんが、私はコレで見られて嬉しいです。
CDのライブ盤がアコースティックでDVDのライブは普通のライブっていうのが良いですよね。

そういえば3枚目のCDにMystery JetsのFlakesのカバーが入ってたけど
なんかカラオケっぽくてイマイチだなぁ。
どうせカバーするならもっとFlorenceっぽくしてほしい。ストリングスやハープ入れるとか。
でもFlorenceが歌うとBlaineが歌うより男らしいと思う。笑
他にもビヨンセカバーとか。アルバムにもカバー入ってるます。

歌はパワフルで男っぽい(だんだんニューハーフに見えてきた)のに
マイクスタンドやドラムセットを花で飾ったり、
ビデオやCDデザインにかなり細かく気を使っているところ、
なんかこういうのホントに好きなタイプのアーティストです。

ライブのDVDやCDを見てますます来日が楽しみなんですが、
チケット全然売れて無さそうだね…今日ファミマで見てみたら200番台だった…

Patrick Wolf 12/6 @British Anthems

2009-12-13

Tag :

ずっと来てほしいと思ってた(でも来るとは思ってなかった)
Patrick Wolfのライブから1週間か~すごく遠いことな気がする…

今回は前から2列目辺りで見たんですが
いつもPatrickのライブの日は会社終わりで行ってたんで
後ろの方でしか見ることが出来ず、今回初めてこんな近くで見ました。
初め出てきたときに「デカ~!!」って思って、
その次に思ったよりビジュアル的に自分の視界には馴れないモノが…苦笑
やっぱ実際見るとスゴイ衣装だよね。
Patrickが自分の視界を占める割合が高すぎて
「ちょっと耐えられないかもしれない…」なんて戸惑ったりもしたんですが
そんなのPatrickが歌い始めたらすぐに馴れました。
ファンなのにこんなコト言っちゃいけないよね、とも思うんですが、
私には最近の衣装が視界的に厳しいんです!すみません!!
(ちなみにアンセムの写真がクリエイティブマンHPにアップされてました。)
でもPatrickは仕草がなんか可愛らしくて、
いつしか「カワイイ…!」って思ってしまうんですよ。
私のこの日の一番の衝撃はPatrickが親指の爪を噛んで
「One more song~」っとおねだりしていたポーズですかね。
(確かVultureの後くらいだよね?)
なんかキャラにハマりすぎてるというか…目に焼きついて離れないよ!!

セットリストはやっぱコレだと思う。
01 Who Will?
02 The Bluebell+Bluebells
03 Damaris
04 The Bachelor
05 The Libertine
06 Vulture
07 Hard Times

個人的にはWho Will?がちょっと以外だった。
A&Eはやるんじゃないかと思ってたんだけどハズレたね。

楽器はいっぱい使ってました。
The Bluebell+BluebellsやThe Bachelorではキーボードを弾き、
Damarisではヴァイオリン(ヴィオラ?)The Libertineではウクレレ
そして最後にはフライングV!あの派手な形状が逆に馴染んでる。
Damarisはもちろん聴きたかったんで良かったんですが、
The BachelorのPatrickのリズムの取り方が印象に残ってる。アレ好きだな。
この曲ピアノとヴァイオリンだけでやると、すっごく良いんですよね~
あとThe Libertineが若干ロックになってて、ウクレレ聴こえにくいのが残念。
でも途中Patrickが衣装チェンジの為に引っ込んで、
バックバンドだけで演奏を盛り上げていたところが、
ロックからあのアイリッシュなカンジになっていって好きでしたね。
個人的にはPatrickにはやっぱピアノじゃないと!
キーボードじゃなんかモノ足りないんですよね…

やっぱPatrickのライブはCDとは違った良さがあって
何度でも見たい!約40分いっぱいに詰め込んだライブだったので
もっと長い時間を割いて見たいです!!単独来て。

そーいえばPatrickがサイン会やってたのはすごく意外でした。
彼はそういうの無いと思ってたんで。
あわよくば…と思いましたがフツーにチケット無くなってましたね。
サイン会やってるところ見たけど、すごく丁寧な対応をしてて
列が全く進んでなかったのが凄かったです。笑
私は最後までいなかったんだけど、あれいつまでやってたんだろ。


ずっと思ってたんだけど、この写真見ると阿修羅を思い出す・・・

待ちに待ったPatrickのLive

2009-12-07

Tag :


とりあえずの日記。
今日は待ちに待ったPatrick Wlofのライブでした。
衣装は2パターンあって初めの衣装では↑と同じヘッドアクセサリーをつけてて
次の衣装では↑の衣装の色違いっぽいのを羽織ってました。
もっと普通の衣装で出てほしかったけど、モロ最近のPatrickの衣装でした。

やった曲は…
Who Will?
The Bluebell+Bluebells
Damaris
The Bachelor
The Libertine
Vulture
Hard Times

順番は多少違う部分があるかもしれないけど
やった曲はとりあえずこの7曲。
なんかホントはもっとやりたかったみたいだけど。
この前のイベントでの来日でも同じようなことがあったので
あんまりちゃんと考えて組んでないのかな…?

普段ライブでやってることを出来るだけ
この30~40分に詰め込んでくれてる感じがして嬉しいけど、
このセットでやるならもうちょっと時間が欲しいよねーって感じ。
ピアノがあれば、いっそヴァイオリンとピアノをメインで
しっとり30~40分やっちゃうってのも良いような気がするけど。

とりあえず今日はここまで。
また時間があるときにちゃんと書こうかな~
ライブの日記って基本自分の為の覚え書きなんで。

明日はBombay Bicycle Clubの単独に行きます。
月曜だから行く気なかったのにライブ見たらもっと見たくなっちゃった!

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。