スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のこと

2009-03-01

Tag :

なんか1ヶ月ほど放置してるんで、せっかくだから何か書こうかなぁ…とか
でも結局あんまり書くこと無いんだよなぁ・・・とか。

最近はほとんどネットも見ないし、CDも買わないし、ライブにも行ってないので
ホントにココに書くことは無かったんですよね。
何やってたかと言うと、ひたすら読書。電車と家でのヒマな時間はずっと本読んでました。
寝る前にも読むからおかげで寝不足気味だったりする。
そこまでして何を読んでるのかと言うと、京極夏彦の百鬼夜行(京極堂)シリーズ。
とうとう京極堂シリーズに手をつけてしまった。長年避けてたんですけどね。

<避けていた理由>
・表紙の絵(写真)で霊・お化けの怖い話だと勘違いしていた
(基本的に幽霊が無差別に呪いをかける系の話は怖いから苦手です。『リング』とか…)
・文庫の癖に立方体のような分厚さ(邪魔だ)
・沢山出てるからハマッたら金がかかる(←ココ重要!!)

こんな理由で避けてたんですけど映画『魍魎の匣』をなんとなく見てみたら
「絶対自分が好きな要素が入った面白い話なのに、話の意味がよく分からないから、
なんとなく納得出来ない。この不快感はなんなんだ!!」と思って
シリーズ1作目の『姑獲鳥の夏』から順に読んでいったんですね。
そしたら見事にハマッてしまった。でも思い切って読んでみて良かった。
そしてまぁこの話を2時間の映画にしたら、ああなるのかな…と納得。

幽霊・お化けの類の話は出てくるけど、結局は人と人との話だし、
民族学・心理学の話が結構出てくるのが面白いんですよね。
特に個人的に勉強してるワケではないけど、民俗学ってすごく興味がある分野。
大学で民俗学の授業取ってたとき、すごく面白いと思って、
民族学を学ぶ大学に入れば良かったな~と思ったくらい。
心理学も大学で結構授業取ってたので懐かしい感じですね。
後は登場人物もかなり個性的なんだけど、「なるほどね~」的な部分が多かったりして。
とにかく出てくる単語が難しいので、辞書(時にはネット)片手に
今のところは頑張って読んでます。

分冊文庫版(分厚い文庫を更に分冊してあるシリーズ)があったので
通勤にも持ち歩けるし、しばらくこの状態が続くんだろうな。
しかしそろそろ本を置くスペースがなくなってきた。やっぱ分厚い・・・

Sanaeさんのコメント

読書モードにスイッチが入るとのめり込むよね!
私は今は特に本は読んでないけど、漫画と雑誌が
手元に大量にあるので眺めてはウフフです。(笑)
京極堂シリーズでは姑獲鳥の夏だけしか読んでないわ。
薔薇十字探偵社のシリーズの方から始めたので。
アンセムってもうすぐだっけ??楽しんで来てね♪

yukaさんのコメント

Sanaeさんお久しぶりです。
薔薇十字探偵社シリーズも読みたいんですよね~
読んでない漫画大量にあると嬉しいの、ちょっと分かります。笑
アンセムもうすぐなんで楽しみです♪

コメントの投稿

非公開コメント

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。