スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Cribs 1/25@Shibya Quattro その2

2006-01-26

Tag :


はいGaryシャウト!とまではいかなかったんだけど、
メンバーもニコニコと終始ご機嫌でした。そりゃあ今回は単独公演ですから。
3人ともアイコンタクトを取ったりとかなりの仲良しさん。
RyanはGary・Rossとあっちこっちにちょっかい出してました。
特にRyanとGaryは頻繁に話していて(相談?)何を話していたんだろうか。
本当にCribs好きな人が集まっていたので、皆歌いまくっててかなり楽しかった!
Ryanは3曲目あたりでやっぱり出血。
あと今回のツアーで彼らがエフェクターを使ってない事に
今更ながら気が付いた。確かに使わなそうだよね。
そしてこの下の文章長ーい。なんだこりゃ。はい、自己満ですから。

☆3日間見た結果、私的な見所みたいなカンジで。
私はCribsの曲のベースラインが大好きなんです。
すごく私好みの動き。基本ベース好きっていうのもあるんだけど。
特に3ピースバンドのベースは好きです。あの程よく主張する感じがいい。
Mirrer Kissersは本当に大好きな曲なんです。
Garyメインで歌ってる部分のギターメロディーがカワイイし、
イントロやサビ部分のベースの動きもドラムも良い。おまけにPVも良い。
Directionの“Direeeection!”の部分ではRossは立って叩くんですが、
マイクに入らなくても一緒に歌ってる姿が印象的です。
Rossは基本、密かに一緒に歌ってるんだよね。
あと必ずと言っても良いくらいこの曲が始まるときに見せる
Ryanのジャンプが(ちょっと欽ちゃんっぽい)ツボだった。
It Was Only Loveは絶対ライブで聴きたかった曲。
あのイントロを聴いたら思わず手拍子してしまいました。
CDとLiveではアレンジ違うじゃない?どっちも好きなんだよね。
もう後半のRyanのギターが大好きで釘付けでした。
そしてこの曲のベース・ドラムも良いんだよ。
CDバージョンもLiveで聴いてみたいもんだけど。
つまりはアコーディオンやってるところがこの目で見たいんだよ。
Jarmanブラザーズのバイオリン姿も写真でいいから見てみたいもんだわ。笑
You Were Always The One!これがないと始まらない。
やっぱり私にはCribsといえばこの曲なんです☆
Martellではイントロ部分でRyanがグルグルと腕を回しながら
ギターを弾く所が楽しいです。いつも私の目を引きます。
あとRyanが時々見せる足を交互に動かして横に移動するワザ(説明できん)を
ギターを弾きながら嬉しそうにしているのが可愛かった。
完璧にステージを楽しんでる。遊んでるんだよ、Cribsは。
To Jacksonではピックを口にくわえて、指でギターを弾くRyanを目撃。
かなり真剣なご様子で、めずらしい光景でした。
Your Gonna Lose UsHey Scenesters!の2人の掛け合いがテンポ良くて、
聴いていて気持ちが良いです。あとハモリ部分のメロディーとか◎
Another Numberではイントロギターのメロディーを歌わせるRyan。
“パッパッパラ・パーララ♪”皆で大合唱。
その皆の歌に合わせて演奏スタート!
私は2004年のサマソニ以来彼らのLiveは見ていなくて、
Baby Don't SweatはLive In Leedsにも入ってなかったから、
コレを聴くのは本当に久しぶりなんです。だからなんとしても聴きたかった。
ちなみに私の携帯電話の着メロはずーっとコレです。
分かっているけどやっぱり成長してる!上手くなってる!嬉しいよ!
つーか私は親戚のおばちゃんかい!!
そしてコレが始まるとLiveの終わりを意味するThe Wrong Way To Be
終わるといつものようにオレンジのアンプにギターをこすり付けるRyan。
今日もマイクはスタンドごとアンプの後ろへ荒っぽく収納してました。
Rossはひたすらドラムを叩き続ける。
Ryanはどこからかシャンパンを持ってきて、
必死でギターを弾きながら空けようとするが、それは無理だろう。
最終的には歯で空けてました。シャンパンだから客にかけるのかと思いきや、
やっぱり自分で一気飲み!そんでお決まりのようにジャーンプ!笑
私はその辺にいたので吹き飛ばされました。ちょっと面白かった。
今回は沈んでなかったと思う。むしろなんか群がってたし。
絶対一気飲みしてからダイブするよね。なんか気持ち悪くなりそうだけど。
きっと“そのグルグルするカンジがたまんない☆”
とかあるんだろう、と勝手な推測。
そしたら右側からGaryのベースがマイクスタンドごと飛んできた!
なんかGaryが暴れるって面白いわ。そしてそのまま帰るのかと思ったら、
ステージ袖でRyanを見守る体制に。
3人とも気持ちの良い暴れっぷりで、嵐のように去っていきました。

実はMeet&Greetにも行ったので続く…
(実はどころでもなんでもないんだけど)

コメントの投稿

非公開コメント

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。