スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wolf Gang Live@King Tut's Wah Wah Hut

2014-05-04

Tag :

2011/10/10 月 Glasgow


PM10:15~いよいよWolf Gangの登場です。
日本だともう終わってる時間ですよね。海外は違うなぁ~

Wolf Gangもロンドン出身で、ボーカルのMaxのソロプロジェクトとのことで、
ライブはバンド形式でやってるシンガーソングライターなんだと思ってたんですが、
最近Wolf Gangのツイッターの写真などがMaxだけのものから
4人のものに変わっており、気が付いたらバンドになってました。
個人的にはバンドより1人でやってる人の方が安心できて好きなんですけどね。

私もライブに行くまでは、顔もよく知らなくて(CDは聴いてたけど)
Wolf Gangってモーツァルトから?と思って気になって聴いたのがきっかけでした。
(全然クラシックとか関係ない音楽性だったけど)

まだ2011年7月にアルバムを出したばかりなので、これからが楽しみというか
出来れば売れて欲しいバンドです。
1枚目は最近流行りのダンスっぽくて、ちょっとサイケデリックな感じもありつつ
キラキラしたアルバムになっているので、メロディーもつかみやすく聴きやすい
アルバムになっていると思います。日本にも来てほしいな~と思ってるんですが
2枚目のアルバムが出ず、ライブはたまにやってたんで解散はしてないみたいだけど
大丈夫なのかなぁと心配してたら、2014年4月にやっとEP出てました。
すごいタイミングだ。笑

演奏した曲(多分)
Lions in Cages
Something Unusual
Stay and Defend
Suego Faults
The King and All His Men
Back to Back
Dancing with The Devil
Where Are You Now
New Song
Midnight Dancers(?)
Night Flying(?)
*?は自信無し




The King and All His Menでキーボードを弾くMax
熱くてジャケットは脱いでもストールは外さないのはナゼ?

The King and All His Menは最後のほうにやったんですが、
高音の所が声が出づらそうでしたね。
最後は乗ってきて調子も出たのか、ちゃんと歌えてましたけど。

熱いファン(ふくよかな女性だった)がいて、その人の興奮が凄かった!
Suego Faultsが始まると「私それ大好きー!」とか大声で言ってて
狭いヴェニューだからめっちゃ響くんだな。
最後には他のお客さんもMaxも失笑気味になってきて
「ぼくは他の人とも話したいんだけど・・・もっと皆話しかけてよ!」
みたいなこと言ってたと思う。

とりあえず初のイギリスでのライブはヴェニューもアットホームな雰囲気というか
良い所で見れたので、とっても楽しく、大満足で11時頃にホテルに帰りました。

私はこのライブに行くために、中心地から少し離れてるけど、
会場にはすごく近いホテルを取りました。帰りも早足で帰れば夜道も少し安心です。

コメントの投稿

非公開コメント

Categories

  • Music(101)
  • Disc Review(78)
  • Live・Event(90)
  • Daily Life(37)
  • Movie・Book(22)
  • Travel UK(28)

Categories2

Search this blog...

New Entry

Comment

Profile

yuka

Author:yuka
話題ループな日記ですがよろしくです。
御用がある方はmixiで連絡下さい。

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。